スポンサーサイト
2014.04.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ペットと野生動物の関係
2014.04.24 Thursday 20:47
 ご無沙汰しております。三十路が怖い永遠の17歳ことムラカミです。
 現在のMEVMは次回のイベント実施に向けて準備中期間です。

 話は変わりますが、最近ニュースを読んでいたところ、とある記事が目に留まりました。
 2014年から、兵庫県明石市で外来生物を野生に放棄させない条例を制定する方針に決まったようです。
 記事はこちら(読売新聞オンライン)
 以下、ニュース記事から一部引用です。
 

 外来種のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)の大量繁殖を食い止めるため、兵庫県明石市は、外来生物を捨てないことを市民の責務と定めた「あかしの生態系を守る条例(仮称)」を制定する方針を決めた。

 環境保護に対する市民の意識を向上させるのが狙い。2014年度中の制定を目指す。

 明石市では、ペットとして飼えなくなった北米原産のミドリガメが捨てられ、野生化して繁殖するケースが急増。13年度、市が実施した調査では、捕獲した3451匹のうち、ミドリガメが約6割を占めた。一方、在来種のイシガメは22匹だけだった。

 昨秋、市が設置したミドリガメの引き取り窓口「カメポスト」には、約2週間の期間中、計145匹が持ち込まれた。


 ミドリガメことミシシッピアカミミガメはペットショップでも格安で販売されている馴染み深いカメなのですが、侵略的外来種(外来種の中でも生態系に与える影響が強い種)に指定されているカメでもあります。
 日本在来のカメより体が大きく(甲長最大30cm程度)、気性も比較的荒いため、野に放つことで日本在来のカメを駆逐してしまう恐ろしい存在なのです。
 爬虫類愛好家兼野生生物愛好家としてはこの条例はぜひ早く制定してほしいものですが、一番目に付いたのは最下段ですね。

 2週間で145匹って……。

 子供のお小遣いでも買えてしまうくらい安価(400〜600円程度)ですし、基本的に売られている幼体は掌サイズなので、安易な気持ちで飼い始めてしまい、育った後の大きさや気性に困っている人がそれだけいるということなんですね……。中には縁日などで行われる金魚すくいにミドリガメすくいがあることも多いようです。
 この条例自体には上記で述べたように賛成ですが、欲を言えば販売している側にも何らかの条例が欲しいものです。

 というのも、「ミシシッピ」の名が付く通り、野生種はミシシッピ川周辺のアメリカに棲息しているのですが、開発による棲息地の破壊やペット販売用の乱獲などで棲息数は減少傾向にあるそうです。
 本来の故郷では棲息数が減り、余所の土地では「迷惑な外来生物」として扱われるなんて、可哀想じゃないですか。カメ自身に罪があるわけではないのに。

 記事によるとこの条例は当面ミシシッピアカミミガメ限定とのことですが、今後は他の外来種も条例に含めるとのことで、個人的にどんどん進めていってほしいですね。可能ならば活動に協力もしたいです。
 記事にもある通り、ペットを飼うということは責任義務を持つということ。ペットと野生動物とは別の存在ではなく相互に影響を与える存在だということ。世の中の人にこうした認識が広まっていけばいいなと思います。
| ムラカミ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シカとともに日本の森について考えよう
2014.03.09 Sunday 20:31
まいど!

今年最初の更新は先月、22日に県立三木山森林公園で開催したイベントの当日の様子についてです。

「シカとともに日本の森について考えよう」ということで、県内のシカの生息状況やシカによる農林業被害、その対策などについてのスライド発表と鹿肉の試食などを行いました。



兵庫県森林動物研究センターより県内に生息する哺乳類の剥製たちが出張してきてくれました。



参加者は30名ほど。
県内で農家をされている方や猟友会の方も参加していただきました。

主な内容としては…
・人が原因でシカの数が増えている。
・増えたシカによる農林業への被害や森林生態系の破壊が深刻であるということ。
・解決策の紹介として、シカを集落周辺に寄り付かせないようにするなどの対策が必要である。
・対策のひとつとして捕獲してシカ自体の数を減らす、その捕獲したシカをどのように活用していくか。

などなどです。



私たちの発表のあとに、森林動物研究センターの研究員の方から鹿肉の有効利用についてのお話を賜りました。



そして、最後は鹿肉の試食です。
写真はシカカツを揚げているところ。



鹿肉のカツ、トマト煮、ムースを振舞いました。
臭いイメージのある鹿肉ですが、ちゃんと調理すればとてもおいし料理になることがご理解いただけたのではないかと思います。



ムースは園内のレストランで焼いていただいたフランスパンにぬっていただきました。

これからも皆さんとシカと日本の森の現状を理解し、シカの有効利用や鹿肉の普及について考えていきたいですね。


 
| みずも | 活動報告:環境教育 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
来年2月のイベント情報
2013.12.28 Saturday 15:24

まいど!

本格的に寒くなってまいりました。
山間部では雪が目立ってきましたね。

さて、今年も残すところあとわずかとなってきました。
来年もよろしくお願いいたします。

では、来年2月に三木山森林公園で開催されるイベントの告知です。

[開催日時]平成26年2月22日(土)9:50集合10:00開始

[場所]兵庫県立三木山森林公園・森の研修館

[対象・参加費など]定員40名(最小10名) 参加費500円要予約

内容としましては、ニホンジカに関するお話です。
ニホンジカとはどんな動物なのか?
ニホンジカが増えすぎたことによる影響は?
そして、鹿肉の有効活用。

最後に参加者の皆さんで鹿肉のアウトドア料理、試食を行います!
予約は三木山森林公園(0794-83-6100)まで!

このイベントを開催するにあたり、先日、丹波市にある鹿肉料理店にお邪魔し、鹿肉の調理方法などを勉強する研修会に参加してきました。



丹波市の柏原駅の近くにある「丹波の野菜と鹿料理・無鹿」さんです。
築140年の古民家を改築した店内はとても静かでいい雰囲気!

こちらで、店長さんに詳しく鹿肉の処理法や味付け、調理法を教えていただきました。



店内の調理場をお借りしました。



臭いイメージのある鹿肉ですが、ちゃんと処理すれば臭みは全くありません!



丁寧に私たちに解説してくださる店長さん。



こうして、この日は3品の鹿肉料理を試しに作ってみました。
鹿カツ、トマト煮込み、ムース、どれもやわらかくて絶品でした!

イベント当日に何を作るかはまだ打ち合わせ中ですが、今日作った3品のどれかをだす予定ですのでお楽しみに!

そして来年もよろしくお願いいたします。
では。

| みずも | 告知 / ご連絡 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
水辺の里公園・収穫祭
2013.12.08 Sunday 17:13

まいど!

先週、12月1日、稲美町の水辺の里公園にて「収穫祭」なるイベントがありましたので、私たちMEVMも参加してきました。

年に一度、同公園で開催されるお祭り、公園に隣接する畑で野菜を収穫したり、バザーや屋台、自然体験型のブースなんかが集まったイベントです。

私たちは、11月に三木市の県立三木山森林公園で開催された「ひょうご森の日イベント」で好評だった、手作りリース体験のブースを出展してきました!





イベントの目玉である野菜の収穫。

格安で取れたて野菜が手に入るとあって、多くの方が参加されました。



バザーにたこ焼きやポップコーンの屋台など。
餅つき体験というコーナーがあって、自分でついたつきたてのお餅を食べることができるコーナーなんかもありました。



こちらは水辺の里公園のコーナー。



そして、こちらが私たちのテントです。
遠く、長野・上高地からネイチャーガイドのアディが参戦してくれました。



そして、リースづくりのようす。



世界に一つだけのオリジナルリースづくり一生懸命になる子供たち。
お父さん、お母さんの指導にも熱が入ります(笑)

こんな感じでイベント当日はたくさんのお客さんで賑わい大盛況となりました!

収穫祭は今年、初参戦となりましたが、来年もさらにパワーアップした内容で多くのお客さんに自然とふれあって楽しい時間が過ごせるよにこれからもがんばっていきたいですね♪

| みずも | 活動報告:その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新プロジェクト発進!!!
2013.11.09 Saturday 20:51

まいど。

日の入りがだいぶ早くなって、朝晩はけっこう冷え込むようになってきましたね。
六甲山付近は紅葉が見ごろのようです。

さて、MEVMではこの秋から新たなプロジェクトを開始いたします!!!!

MEVMの昆虫博士キヌガワ発信による自然保護区計画(仮称)です。

環境学習や啓発活動だけでなく、直接、自然を守る活動がしたい!
そこで、キヌガワ氏が考案したのが、自然あふれる保護区を自分たちで整備しようという試みなのです。

その第一歩として、本格的に始まったのがいつもお世話になっている三木山森林公園のトンボ池の整備。

先日、キヌガワ氏と二人で三木山森林公園内でヤゴを中心とした水生生物の整備前の事前調査を行ってきました。







丸一日かけて、園内の水路や森の中の池などでタモ網を使い調査。
(公園の許可を得て調査しています。三木山森林公園は動植物の採集等は禁止です)



ヤゴやメダカ、カワニナ、スジエビなどたくさんとれました。
調査後は放流します。



貴重な水生生物がたくさん。コオイムシや…



ドジョウ…



ヒメミズカマキリに…



タイコウチ…



小さなハイイロゲンゴロウまで!

正直、こんなにたくさんの水生生物がとれるとは思っていませんでした。

次回は1月下旬に調査を行う予定です。
その後、公園のほかのサポーターの方々とも意見交換をしながら、これらの生き物たちが住める環境を維持できるように整備方法を考案していく予定です!

新たな取り組みへの第一歩となった一日でした。

ほな。



| みずも | 活動報告:その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/46 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM