スポンサーサイト
2014.04.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ペットと野生動物の関係
2014.04.24 Thursday 20:47
 ご無沙汰しております。三十路が怖い永遠の17歳ことムラカミです。
 現在のMEVMは次回のイベント実施に向けて準備中期間です。

 話は変わりますが、最近ニュースを読んでいたところ、とある記事が目に留まりました。
 2014年から、兵庫県明石市で外来生物を野生に放棄させない条例を制定する方針に決まったようです。
 記事はこちら(読売新聞オンライン)
 以下、ニュース記事から一部引用です。
 

 外来種のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)の大量繁殖を食い止めるため、兵庫県明石市は、外来生物を捨てないことを市民の責務と定めた「あかしの生態系を守る条例(仮称)」を制定する方針を決めた。

 環境保護に対する市民の意識を向上させるのが狙い。2014年度中の制定を目指す。

 明石市では、ペットとして飼えなくなった北米原産のミドリガメが捨てられ、野生化して繁殖するケースが急増。13年度、市が実施した調査では、捕獲した3451匹のうち、ミドリガメが約6割を占めた。一方、在来種のイシガメは22匹だけだった。

 昨秋、市が設置したミドリガメの引き取り窓口「カメポスト」には、約2週間の期間中、計145匹が持ち込まれた。


 ミドリガメことミシシッピアカミミガメはペットショップでも格安で販売されている馴染み深いカメなのですが、侵略的外来種(外来種の中でも生態系に与える影響が強い種)に指定されているカメでもあります。
 日本在来のカメより体が大きく(甲長最大30cm程度)、気性も比較的荒いため、野に放つことで日本在来のカメを駆逐してしまう恐ろしい存在なのです。
 爬虫類愛好家兼野生生物愛好家としてはこの条例はぜひ早く制定してほしいものですが、一番目に付いたのは最下段ですね。

 2週間で145匹って……。

 子供のお小遣いでも買えてしまうくらい安価(400〜600円程度)ですし、基本的に売られている幼体は掌サイズなので、安易な気持ちで飼い始めてしまい、育った後の大きさや気性に困っている人がそれだけいるということなんですね……。中には縁日などで行われる金魚すくいにミドリガメすくいがあることも多いようです。
 この条例自体には上記で述べたように賛成ですが、欲を言えば販売している側にも何らかの条例が欲しいものです。

 というのも、「ミシシッピ」の名が付く通り、野生種はミシシッピ川周辺のアメリカに棲息しているのですが、開発による棲息地の破壊やペット販売用の乱獲などで棲息数は減少傾向にあるそうです。
 本来の故郷では棲息数が減り、余所の土地では「迷惑な外来生物」として扱われるなんて、可哀想じゃないですか。カメ自身に罪があるわけではないのに。

 記事によるとこの条例は当面ミシシッピアカミミガメ限定とのことですが、今後は他の外来種も条例に含めるとのことで、個人的にどんどん進めていってほしいですね。可能ならば活動に協力もしたいです。
 記事にもある通り、ペットを飼うということは責任義務を持つということ。ペットと野生動物とは別の存在ではなく相互に影響を与える存在だということ。世の中の人にこうした認識が広まっていけばいいなと思います。
| ムラカミ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タカも渡ればチョウチョも渡る!
2013.10.19 Saturday 18:11

まいど!

前回の日ノ岬の続き。
今日はタカ以外の生き物。





高速でびゅんびゅん飛んでるのはアマツバメ。
ツバメとつくけどツバメやないよ。



こちらはたぶんヒメアマツバメ。

彼らもここを拠点に渡りをするんですかね?

タカの渡りのルートは大きく分けて2つあるそうで、日ノ岬を渡るタカは関東から飛び出し、有名な伊良湖岬から日ノ岬を通過し、そのまま四国へ渡り、九州へと抜けていくそうです。



渡りをするのは何も鳥だけではありません。
3日目は特に多かったアサギマダラ。

ひらひらと僕らの頭の上を飛んで大海原へ。
なかなかガッツがあるね。こんなちっさい体で。



で、ホークウォッチャーがタカに夢中になってると草むらからひょっこりタヌキが。





日ノ岬とその周辺はなんかタヌキ多い!
特に子ポンポコは全く人を警戒せず。

気がつけば足元にタヌキ!

三脚をくんくんしてごろんと横になる。

とっても可愛かったですが、タヌキならもう少しタヌキらしくしてよと言いたいですね。

別に彼らが悪いわけではないですが…

ヒトと野生動物との境界ははっきりさせておかないといけませんね。

以上、生き物いっぱい和歌山の日ノ岬からでした。

| みずも | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鳥取でコノハズク・アカショウビン三昧
2013.07.21 Sunday 17:30

まいど!

いきなりですが…



ハイ!巣箱からこんにちわ!

コノハズクが暮らすここは鳥取県の八東ふるさとの森。

コノハズク、オオコノハズク、アカショウビンの観察できる森として非常に有名です。鳥屋さんの間では…



なんか森の中に吸い込まれそう…

ブナ林が多くの命を育んでいます。

ちょうど、この森ではコノハズクとアカショウビンが子育ての真っ最中ということで、こっそりそぞきに行ってまいりました。



ヒグラシかな。お昼ごろから大合唱。

アカショウビンがおいしそうに頂いておられました。



訪問の3日前に広い森の中へ旅立っていったと聞いていたので、会えたらいいなぁ程度にしか考えてませんでした。

それが、この日、森の中で親子でいるところが再発見されたそうで。

見つけて教えて下さった方、ありがとうございました!



この日は鳥運に恵まれていたようで、何度も飛び交い、エサの虫をハンティングし、最終的には頭上の木の枝にとまってくれました。

トリミングなしでこの大きさ!



ブラインドがないと観察できないと思ってました。とても感激です!



そして、夜は再度、コノハズクの観察へ。

普段、三脚をあまり使わない僕は家を出てから三脚を忘れたことに気づく!でも親切なカメラマンの方が貸してくれました。滞在中、いろいろな方にお世話になりまして、本当に感謝です!



そして、この夜はヒナも顔をのぞかせてくれました。巣立ちまで、もう間もなくらしいです。



翌朝は再度、アカショウビンの沢へ。

幼鳥たちが分散して木の枝にとまっていました。

そこへ、エサを運んでくる親鳥たち。

ずっと残していきたい、なんとも微笑ましい光景でした♪

ほな。

| みずも | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
但馬珍チョウ探索
2013.07.19 Friday 19:14

まいど!!

先月末のカキツバタのリベンジにと、今月の初めごろにまたまた行ってきました、兵庫県は美方郡香美町の村岡地区!

カキツバタというと、5月ごろが花のピークらしいのですが、今回訪ねた「銚子ヶ谷」は標高900以上あるため、およそ一月ほど遅れての開花になるそうです。

妙見蘇武線という林道を車で進んでいきます。林道は細くてぐねぐねで、一部、崩落してる箇所もあるので注意が必要。カーブミラーも少ないので対向車にも注意しないといけませんね。(まぁ、車なんてほぼ走ってないですが、念のため)

そして、カキツバタ自生地の入り口に到着して、そこから10分ほど徒歩で接近します。

入り口の林道脇に看板がでてます。獣道のような場所から森の中へ。

かなり期待して挑んだんですが、なんと、1輪も咲いていない!!

管理する教育委員会に問い合わせたところ、原因は不明ですが、今年はびっくりするほど少ないそうで。どうやら先月、訪れたときがピークだったのかもしれません。

というわけで、先月の写真。



こちらがカキツバタ自生地の銚子ヶ谷。森の中を進んでいくと、一気に視界が広がります。山間湿原のようです。



約20万株というふうに聞いていたので、少し残念ですがそれでもとっても貴重なカキツバタを見れて良かったです。

というのも、兵庫県の調査でカキツバタがこの地に咲き出したのが、なんと約4000年前!

堂々の県指定の天然記念物です。

縄文時代から咲き続けてきたこのカキツバタをいつまでも残していきたいですが、さて、来年はどうなっていることでしょう。少し心配ですね。

さて、思いのほか時間が余ったので、車で香美町内をあちこちぐるぐる。



矢田川ものぞいてみました。



ここにはアユがいっぱい!
釣り人もちらほら。

アユは動きが素早くてピントを合わせるのが大変でした。

そして夕方。

詳しくは省略しますが、お昼に知り合った虫屋さんのおっちゃんと珍チョウ探索!



見事、けっこう珍しいといわれるキマダラルリツバメを収めることができました!

普段は鳥狙いなんですが、虫屋さんのおっちゃん達と色んな話をしてチョウチョとりも楽しいなと思えてきました♪

虫屋のおっちゃん達の網さばき、見事でした!そして、いろいろとありがとうございました!!

というわけで、充実した香美町での虫撮り大会のようすでした♪

ほな。



| みずも | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
熱い夏に向けて!
2013.07.15 Monday 19:10

まいど!!

近畿地方は梅雨が明け、うだるような暑さが続いていますねー
くれぐれも熱中症にはご注意ください。

さて、プログラム情報です。

昨年の夏、熱い戦いが繰り広げられた三木山水合戦〜夏水〜
なんと!今年も三木山森林公園にて開催いたします!!

日時は8月10日(土)午前10時〜午後2時ごろ。
場所は三木山森林公園です。

そのため、先日、三木山森林公園のスタッフさんたちとプログラムの準備を行ってまいりました。



まずは、太いモウソウチクの切り出し。



作業小屋に移動し、切り出したモウソウチクを短く切っていきます。



そして、あるモノを切った竹筒の中に入れ火に投入!
暑かったー

1時間ほどで完成したあるモノは、本番のお昼に参加していただいたお客さんに振る舞います!
それまでの内緒ということで。

今年の竹水鉄砲合戦は去年よりグレードアップしましたのでお楽しみに!

ちなみに参加者の募集なのですが、すでに定員に達しているため、予約締め切りとなりキャンセル待ちの状態となっております。

お問い合わせは三木山森林公園・(078)361-8121までお願いいたします。



〜おまけ〜



三木山森林公園ではミツバチたちが蜜集めに右往左往しております。





足に花粉をいっぱいつけたハチさんたち。

その様子を室内から安全に観察できるようになっていますので、お立ち寄りのさいはぜひ!

| みずも | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/35 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM