スポンサーサイト
2014.04.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
【活動報告】三木山水合戦〜夏水〜
2012.08.26 Sunday 20:36

まいど!!

今日も、とてつもなく暑い一日でしたが、前回の予告通り、三木山森林公園にて、夏にもってこいの楽しいプログラムを決行してきました。

三木山もりびとクラブ初始動!!

タイトルも斬新ですね



たくさんの子供たちが集まってくれました。

三木山本格デビューのミヤノも自己紹介に熱がはいります。



森の小劇場に移動して、水合戦に必要な竹の水鉄砲作りに挑戦!!

ちゃーすけが心配してくれていたお天気のほうもものすごく良かったです。

ナゼですかねwww



女の子でも、上手にノコギリを使ってましたね♪

多分、ノコギリを使うのは初めてだった子がほとんどだったんでしょう。

みんな、張り切って一所懸命、取り組みました。



こんな感じで、水鉄砲作りに夢中になる子供たち。

それに影響されたのか!?

気づいたら付き添いのお父さん、お母さんたちまで真剣になってました



ほんで、自分用の水鉄砲が完成し、時間があったんで、でっかい竹を使ってバズーカ作りにも挑戦。

女の子が切って、男の子が竹が動かんように抑えてます。

このプログラムが始まる前は、ぜんぜん知らないお友達同士やったのに、いつの間にか子供たちの間に協力する力が芽生えていました。

そう、この後始まる水合戦・ラン&ガンには、協調性を欠かす事はできないのです



そして、お昼をはさみ、決戦の地・大芝生広場に集う両陣営。

ここから3本の木をチームで協力しながらゴールへ運びます。

それを阻止するチームは、さっき作った竹の水鉄砲で応戦!!

高校球児たちの熱い夏は終わりましたが、三木山での熱い戦いは今、始まったばかり



木を持ち、ゴールめがけ突撃するおてんば娘たちを、並走しながら水風船で援護するやんちゃボウズたち。

綿密に練られた穴のない作戦に、戦国の知将・真田幸村も生きていればきっと驚いたハズ!!

そして、豪快に突撃する、その姿まさに「カミカゼ」

しかし、それを阻止する水鉄砲チームも負けちゃいない!!

ゴール直前で、両サイドから一斉射撃!!

息の合った連携プレーに、戦闘のプロ集団・グリーンベレーもきっと脱帽するハズ

…とまあ、こんな感じで、暑い中、みんなで楽しく遊びました



最後にまとめをして終了。

子供たちがとびっきりの笑顔で「楽しかった」と言ってくましたが、実は、スタッフ側もめっちゃ楽しみながらやってるんです。

というわけで、三木山もりびとクラブ、上々の船出となりました♪

本日は、暑い中、参加いただき本当にありがとうございました。

三木山もりびとクラブでわ、これからも楽しいプログラムをご用意して、皆様のご参加お待ちしておりますので、今後もよろしくお願いします。

ほな









| みずも | 活動報告:環境教育 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
春の森のガイドツアー
2012.04.14 Saturday 23:55
 どうもお久しぶりです。伝導師です。
本日4月14日に三木山森林公園にて、僕とみずもで春の森のガイドツアーを行いました!!
朝10時から開催だったのですが、朝からすげぇ天気悪い…
不安を胸に9時ごろに公園に着くとパラパラ程度の小雨でした。

っつーわけで決行!!やっほーい(≧∀≦)

天候が悪いということで15人前後くらいいましたが、子供連れのお客さんは
キャンセルしてしまって、5人で出発することに。
5人も来て頂いて超うれしい!!むしろ俺の土俵だぜ!!(申し遅れましたが、僕はネイチャーガイドの仕事をしていまして、その職場が少人数制で「質の高いガイドをする」がモットーですので10人以上のガイドをあまりしたことがありません)

そして出発!!と思ったら、一人のおばあさんが「あれはコブシ?」と三木山のスタッフの人に
聞いていた。

はい正解です。
その後もまだ部屋を出てないのにめっちゃ質問してる。
ムムム…あやつ、やりおるな。

お客さん皆平等なんですが、やはり詳しい人がいるとどこか恐れちゃいますね。
ちなみに



この花が辛夷(コブシ)です。
果実がボコボコしていて、拳を握っている形に見えるということからこの名が付きました。
モクレンという花の仲間ですので、力強い花が咲き、香りが強いです。

そして出発!!

少し肌寒かったですが、雨は降っていなくてホッとしました。
そしてお客さんとの会話で一番初めに必ずすることが…

「天気の話」

これアイスブレイクの鉄板です。なぜなら外に出ている限り、どんな初対面の人でも
共通の事柄だからです。

ガイド以外にも使えますので是非皆さんも使ってくださいね。

ちなみにガイド中は







こんな感じです。

そしていきなり鳥ラーーーーーーッシュ!!!
めちゃくちゃ色んな鳥が観察できて、いいスタート!!

デモ

オレ

トリ

ワカンナイ

ってことでみずもがガイドしてくれました!!

お客さんが鳥を見て感動しながらも、周りの植物をみて種類を言い当てたので
初めはおばあさんだけが詳しいと思っていましたが、今回の参加者は全員が知識を持っていて、
かなり詳しい人もいました。

だってウコギ科っていうだけで「あ〜」って納得してましたからね。
ちょっと植物かじっておかないと「ウコギ」なんてなんか分かりませんからね。

それで負ける僕ではありません。
これで負けてたらガイドの名が廃るぜ!!!

僕の普段のガイドではしないような、植物のマニアックな話をかなりしたり、
紹介する植物すべて漢字で書きました!!(覚えるの超大変)

そして葉も花も何もついていない、ネームプレートがかかっている樹木も調べてたので、
なんとか漢字も書けましたし、なんとか質問も返せることができました。ただ芽吹いたばかりの草に関しては、スタッフの方に甘えちゃいましたけど(笑)

今回のお客さんは全員がメモを取っていたのですごく勉強熱心なんだと思いました。
そしてめっちゃ嬉しかったです(≧∀≦)

そして後半は天気が回復して、そんな話もしながら、無事ガイドを終えることができました。
一人の人とずっと話すのでなく、皆で話しながら歩けたので
すごくいいムードでガイドができたと思います。

ホンマはもっと写真を載せようと思っていたのですが、なぜかいきなりパソコンがSDカードを読まなくなったため、画像張れませんごめんなさいm(_ _)m

本日、メインガイドを務めましたが、鳥のことはみずもがしてくれて、スタッフさんは、お客さんの話の相手や、僕が説明しきれていないものを解説してくれたり、フォローしてくれたので
皆で作ったガイドであり素晴らしかったと思います!!!!

感謝の気持ちいっぱいです!!

そして最後のあいさつを終えた後、拍手をいただいて「本当に楽しかった」「ありがとう」と
たくさん言って頂いてものすごく嬉しかったです(*^0^*)

これは僕的観点ですけど、「勉強になりました」って言われたら失敗と思っています。
やっぱり自然の知識の伝授だけでなく、楽しんでいただきたいですからね。



そして解散してレストランでみずもとお昼ご飯を食べていたら、てこてこと歩いてくる男性。
「今日はどうもありがとうございました。楽しかったです。」
と言って男性は帰っていきました。さっきのガイドのお客さんです。

僕は全く気づいてなかったのですが、どうやらおなじレストランにいて、帰る時に
わざわざ声を掛けてくれました。
ホンマに心に来る喜びですよ!!

今日はマジで嬉しいことだらけでした!!
これやからガイドはやめられない!!!!

自分で言うのもなんですが、今回のイベントは大成功であったのでないかと思います!!


次は宮野の番だぜ!!三木山冷めさすなよ!!!!

| 愛と希望の伝道師 | 活動報告:環境教育 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
【活動報告】落ち葉で仮面作りに挑戦!!
2011.11.20 Sunday 00:38

皆さんお久しぶりです。約半年ぶりに上高地から神戸に帰ってきた伝道師です。
今回は三木山森林公園で子供たちと「落ち葉で仮面作り」に挑戦しました!!
そしてそのあとに「簡単クッキング」ということで同時進行で公園のスタッフさんにクッキングしていただきました。
メインスタッフは私ボーズの伝道師と、大きな大きな豚野郎と裏方でおっさんメガネのミズモで
進行しました。
しかし…


すごい雨が降っちゃいました。
「お客さん少ないかもね」とスタッフさん。
お客さん来るかな〜と言いながらも打ち合わせをしていたら
開始時間10時を迎えました。

初めは3組のお客さんが来てくれて開始しましたが、この後たくさんのお客さんが来てくれて
賑やかになっていきましたよ♪♪


まずは室内で自己紹介と今日のプログラムの説明をします。
簡単な説明を終えて、作業場所へ。
雨が降っていたので子供たちの靴が長靴でちょっと可愛いらしかったです☆★

そして落ち葉作りですが、持参してもらった紙袋をかぶって、目の位置を開けて、落ち葉や木の実を張っていくという流れで進めます。


(ピンボケは許してね☆★)目の位置を教えてもらってマッキーで印をつけて、ハサミでくり抜きます。


そしてビニールシートに広げられた落ち葉、木の実を紙袋に張っていきます。
松の葉やススキを髪の毛にしたりとか、モミジの様な葉(モミジバフウ)をほっぺたや飾りにしたりとか
その他にもたくさん考えて作っていました。
子供たちの発想力は宇宙です!!

そして次々にお客さんがやってきてくれて、テーブルをもう1台用意することに!!
たくさん来てもらえることはいいことですよね♪♪

そしてワイワイしながら完成!!


皆で記念撮影♪♪
子供たちも楽しんでいたし、親御さんも作っていて「大人も楽しめる」と言っていただきました!!
そしてお待ちかねの簡単クッキングが完成したので皆で食べよう!!

さ〜て何を作ったのかな〜?と期待を胸に見てみると…


ジャ〜〜ン!!鳥の丸焼きです!!
ブログじゃ伝えにくいですが、ふたを開ける前からかなりいい香りがしていました♪♪


そして切ってとりわけて皆で楽しく頂きました。
何度も何度もおかわりしにくる子もいて大好評でした!!

そして食べ終わったら片づけをしてご馳走様でした!!
皆楽しそうに帰っていきました♪♪

解散して室内に戻っても子供たちと少し遊んでいて楽しかったです。
特に好評でしたのが豚野郎の「食べちゃうぞ〜」が子供たちにも親御さんにも
笑いを取っていて悔しかったです(笑)


無事にイベントを終えることができて良かったです。
やはり子供たちの笑顔に勝るものはないですね♪♪

| 愛と希望の伝道師 | 活動報告:環境教育 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
【活動報告】虫とり探検隊!!
2011.10.09 Sunday 23:11

さてさて。

先日告知した「虫とり探検隊!」のイベント
本日やってまいりました!!

若干曇ってるけど、空も青くていい天気
虫採り日和ですな〜 イエイ!!


今回はただの虫採りじゃなく
虫採り大会なのだーー

みんなやる気マンマンでした。


まずはルールなどを少しお話。 あと危ない虫なんかもお知らせしなきゃね

「上位には景品が出ると言ったときのみんなの食い付きっぷり〜


コオロギが多かったです。


そしてスタート直後からみんな自由
草むらや水辺など、たっぷり1時間半の探検ツアー。


今日はバッタの仲間がたくさんいました
他にもチョウやトンボ、カマキリなんかもGETだぜ!!

ヤモリ捕まえてる子もいたし〜



みんな積極的!!


最後に昆虫の豆知識などをお話ししました
でもみんな物知りね〜。
虫の特徴を聞いて、「食べてるものによって口の形が違う!!」と返ってきたときは、度肝を抜かれましたぜ。


そして積極的
質問すればすぐに挙手がちらほら
授業で発表とか一切しないシャイガールだった私はもうビックリですよ!!



最後までワイワイと帰ってくれました。
帰り際に言われる「楽しかった」や「ありがとう」ほど嬉しいものはないです

未来のファーブル達よ、来てくれてありがとう!!
もし良かったら、また来てね




ちなみに、上位の景品は、鉛筆でした〜。

え?ショボイ!?
いやいや、エコ鉛筆ですから。

勉強いっぱいしてねっていうメッセージ…かな?



では、またね

| 旧メンバー | 活動報告:環境教育 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
「虫と遊ぼう」やってきたぜ!!
2011.08.22 Monday 22:56
 それっバァ〜ババァ〜バッバッバッバッバッバ
超新塾だぜ
なつかしいぜ
俺だぜ

さて今回虫と遊ぼうということでやって来ました水辺の里公園
土山駅に30分前に到着、つまり30分前行動を決め込むぐらい(偶然)モチベーションを高めていた俺だが、ひとつとっても気がかりなことがあった。
それは・・・


「雨やん
もう言うたら地面こんなやん?


こんな今にもトゥルンっていきそうな地面で誰も虫取りしませんよ?ええしませんよ
誰だってそーする、俺だってそーする。

中止ではなかろうかと不安に思っていたが、そんな連絡もないので現地へGO
向こうのスタッフともどうなんよこれみたいな会話をしてる矢先にかかってくるお偉いさんかと思われる一本の電話

「外明るいし、いけんちゃう?」







決行






しかし開始30分程前に30分前行動を決め込み(偶然)モチベーションを上げる雨は激しさを増し、とてもじゃないが虫取りなんてできる状態ではない

またしてもどうなんよこれ中止ではなかろうか空気が流れだし、困る一同迫る時間
そんななか立ち上がり声を出すのは水辺の田中スタッフ
「物作りしましょ

決定

着々と準備を進め、作業工程を説明してもらい、後は参加者を待つだけ
本番開始5分前の出来事である。

ここで簡単に今回の物作りを説明すると落花生やドングリに穴を開けて、そこにモール(芯が針金になってて好きな方向に曲げれるもさもさしたやつ)を通して手や足にして自分だけの人形を作ろうというもの。



これが作業風景。ちゃっかり俺も参加
なんかすぐくっついて乾燥してくれるイカスのりを使ってるから俺でも簡単に作れたぜ
久しぶりにこの俺のクリエイティブな感性がビンビンに刺激されたわ
実際こんな感じ

まっこの中に俺の作品はないんですけどね
一緒に撮ってくれたはずなのに。

子供たちもクリエイティブな感性を刺激されたようで、あの最近あんま見ない戦場カメラマンを作り、まさかのそっくり親子設定を放り込んで、ほぼ同じやつをもう一個作ったりしてる子もいたぜ

でもま〜結局あれやけどな、なにをどうあがいても俺の「くわがーヘラクレス4号」には敵わへんけどな

皆にセンスないとか、子供らに軽いリアクション取られようが、むしろ途中まで作っとったロボットの方がウケがよかろうが一番やし。譲らへんし。

と、なんやかんややっとる俺らにちょっとしたサプライズ。
なんと雨が収まったのだ


そこで田中さんがまたラスト30分ほどだが、散歩がてら虫取りをしようと提案し、そのために来たんだとスタッフ、参加者ともに了解いざ外へ
子供たちも俺も小学校で中遊びが外遊びに変更になった時の男子のごとく張り切っていたいたので、その一部を会話形式でまとめてみた。この時の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

「オレバッタ捕まえて家にいるカマキリにあげんねん
「ほうか、ほないっぱい捕まえなな」

「ウチむし触れへんけど捕まえる!!」
「おっしゃおっしゃがんばろな」

「あっ!あそこセミおる!!」
「ちょい高いわ〜無理やわ〜」
「その網伸びるで」
「マジで

「モンキチョウ捕まえた〜
「よっしゃぁー
「あの、その子虫触れないんですよ」
「・・・・・・・」


「このバッタ何ー
「ん?うおっ持ったら口から黒いの吐き出した
「うわー

「モンシロチョウ捕まえた〜
「やるやん
「取ってー」
「・・・・・・・・」

「トンボや!シオカラや!」
「待ってお兄ちゃん、目ぇ回さしたるから」
「いや遠ない?むしろこっち見てんくない?」
「突撃〜」
「トンボ逃げたー」

「なぁモンシロチョウくれへん?」
「なんで?」
「カマキリにあげんねん」
「いやや」
「ちぇ」
「モンキチョウやったらええよ」
「ええんや」

こんな感じで無事全イベントを終え、たかしが終わりのあいさつをして今回のイベントは幕を閉じた。

最後に「楽しかったです」って言ってもらえたからよかったけど、反省点は大きく二つ。

ひとつは水辺のスタッフにイベントの進行を全部してもらったこと。

もうひとつは俺仕事したんかな?ってこと

以上!!それでは皆さん良い夜を
see you next time


| 旧メンバー | 活動報告:環境教育 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/3 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM